ソルティライムシャーベット

小説とかライトノベルとか漫画とか邦楽とかの感想とか

リア充にもオタクにもなれない俺の青春 2 読みました

リア充にもオタクにもなれない俺の青春2 (電撃文庫)

リア充にもオタクにもなれない俺の青春2 (電撃文庫)

よっ良いっていう余韻がかなり穏やかに優しく残る物語なんだよなぁ。決して奇をてらってとか尖ってるとかをギラギラさせてる訳でもないのに。この作者らしさというかこの作者にしかこの物語は書けないのかな?て思わせてくれる。この人だけ感が心地良いです。

ソレはきっとあっソレ言うんだていう台詞とかそーゆー文章書くんだとかそーゆー物語の運びをするんだとか。ホントになんてゆーかフツーの中に優しく。パステルなのかカラフルなのか分からんけれども。この作者の独自の色が薄く光ってる。けれどもしっかり積み取れる。

凄く良い作品だと思うんだけどなぁ。