ソルティライムシャーベット

小説とかライトノベルとか漫画とか邦楽とかの感想とか

スカートのなかのひみつ 嫌いなれないけれどもじゅうぶんじゃない不器用と不細工

スカートのなかのひみつ。 (電撃文庫)

スカートのなかのひみつ。 (電撃文庫)

前提として自分の読み方がよろしくないのだけれども。最初読んだ時にあった熱量は失せてから少し間を置いて読むのを再開した。そしたらまず感じた事は不細工だなぁと不器用だなぁだった。けれどもそれがネガティブな言葉で終わるのでは無く、この物語は嫌いになれない。けれども心の宝石箱に収納する程のじゅうぶんさもない。だけども。だけれども。好きな作品を読んだ時に感じる心が千切れそうになる事も興奮する事も涙だって流さない。だけども。だけれども。何かこの物語に出てくる登場人物や物語の運び方は、やはり嫌いにはなれない。