ソルティライムシャーベット

小説とかライトノベルとか漫画とか邦楽とかの感想とか

親しい君との見知らぬ記憶 読みました

親しい君との見知らぬ記憶 (ファミ通文庫)

親しい君との見知らぬ記憶 (ファミ通文庫)

微妙。正直滑り出しはかなりよかった。プロローグから第一章に入った時は、かなり期待もてる滑り出しで後半に入ると奇麗に物語が畳まれ終わった。

黒崎麻由、近すぎる彼らのとどちらも大変好きな作品で。かなり作家として信頼を持ってた作家だけに残念。しかも悲しい事にデビュー作の黒崎麻由の時よりも圧倒的に物語の構成が上手くなっているところが何とも言えない。上手くなっているのにあの頃の面白さが感じ取れない。

それは生っぽさと言えば良いのか、登場人物ひとりひとりの単なる日常が、それ自体が物語であるって言えば良いのか。なんつーかリアルっぽさを出して、日常を進めていく中に非現実的な事が乗っかっていくってゆーのが何とも。。。面白味が薄れているようにしか感じられない。ラストのオチも何というか自分達の日常の歩みそれ自体がドラマチックなのよねぇてのが、何というか。かんというか。うめえ事まとめやがってという割には。。。心に響かないのよねぇ。

物語自体の面白さはよくできた感じはするだけれども。。。ぶっちゃけ久遠侑が好きだから何かポジティブに持ってこうとしてるけど、もうちょい下手ではないけど自分と合わないと感じてる人だったらもっと印象は悪くなっていると思う。

面白いは面白い。