ソルティライムシャーベット

小説とかライトノベルとか漫画とか邦楽とかの感想とか

ばっくとぅざ2017 〜私とブギーなポップとグラスなハートとありがとうさよならシュピーゲル〜

突然ですがこのブログで書いてた事を振り返っていきたいと思います。12月初旬で振り返りって早くね?と思う気持ちは自分でもあるのですが、それよりもまぁいーやって思う気持ちが勝るのでやってきたいかなーと思います。以下で自分の中で起こったラノベ関連の出来事を今年のブログ記事とともに振り返りをしてきたいと思います。

①ヤケに過去作品にハマる。

私は最近のラノベが好きであるし、過去とか現在を比べて憂うとか比較するのもアホくさって思ってるのが大半なのだけれども。何というかそれとは違う気持ちというか、まぁぶっちゃけ新作を新作という理由だけで追うのは馬鹿らしいなって気持ちも前よりも強くなった。今年は例年よりもラノベや一般文芸を読む冊数は激減したっていうのも理由にあるのだけれども全然新作をチェックするとかは無くなった。別に買ったものは読みたいもの何だけれどもその読みたい欲が強かったり、あるいは他の人の感想で評判良いヤツを読むとか。かなり新作に対しては消極的になった。まぁ読書っていう趣味自体も他にする事が無いからやってるくらいという自覚はあったのだけれども。まぁもちろん本読んで面白い作品だったら読書サイコーって気持ちになるだけれども。別に私は本の虫ですから!!活字中毒でっせからーーーっ!!てテンションは元からないのだけれどもバラエティ番組面白えなとかお笑い面白いなぁとか漫才コント面白いなぁとか。新たにこうガッツリとした趣味を始めて時間に取られるーって感じじゃなく、何というか日常にある?他の面白いモノにアクセスできるようになったという感じなのか。とりあえず読書自体の時間が自分の自由に使える時間の中で割合が減った。まぁ少し今年はプライベートでも忙しい事があったてのも理由ではあるだけれども。

読書自体、ライトノベル新作を追いかける事自体にまぁ言葉悪いがちょいと馬鹿らしいなぁって思う気持ちは一時的なモノであるが芽生えた。それは過去の作品を読む頻度が以前よりも高くなったて事も要因の一つではある。

その作品が何なのかっていうとまぁブギーポップなのだけれども

17年初め頃からブギーポップにどハマりし、今年の読書の記憶を振り返ればブギーポップの面白さが色濃く残った。ブギーポップは面白いです。すごく面白いです。特にペパーミントの魔術師と沈黙ピラミッドがとても好きです。ホントに好きです。読もう上遠野浩平!!読もうブギーポップ!!


torune-netoru.hatenablog.com
torune-netoru.hatenablog.com
torune-netoru.hatenablog.com

後、自分の中でもう一つオールタイムベスト級にハマった作品としてグラスハートがある。

GLASS HEART 「グラスハート」 (バーズノベルス)

GLASS HEART 「グラスハート」 (バーズノベルス)

壊れやすい。脆い登場人物たちの一生懸命に煌めく姿が美しい、そしてめちゃんこかっこいい。ホントに心が千切れそうになるくらいに素晴らしい傑作です。読もうグラスハート!!
torune-netoru.hatenablog.com
torune-netoru.hatenablog.com
torune-netoru.hatenablog.com



その他、暗闇にヤギを探してとかも読んでてサイコーに楽しかったです。
torune-netoru.hatenablog.com


と過去の名作を読んでてちょーサイコーってなってたら新作を必死?過剰に?追いかけるのは馬鹿らしいみてえになった。読みたいモノを読みましょ、それが一番楽しいのですから。

冲方丁 シュピーゲルシリーズ完結

コレは一つの項目として挙げなければならない程、私の中のライトノベルって枠組みでは大切な作品である。そして自分史上サイコーで一番面白かったライトノベルである。ホントのホントに大好き。
数年前、冲方丁が捕まってをい!テスタメントどうすんだよ!!とか更に遡っていったいテスタメント2巻はいつになったら出るんだよ!!とやきもきしたもの。ホントにずっとずっと面白え、面白えよ。。。と胸を高鳴らせながら読んでたもの。面白さのピークは正直な話やはり2巻上下で3巻ではいままでの因縁や伏線を綺麗に片付け静かに幕を引いた印象があるのだが、こんなに面白い作品を今後読めるのだろうか??と少し不安を感じさせるくらいにこの作品の面白さはぶっちゃけ自分の中では超超超大きいものである。何にしても完結を見届ける事が出来たのは嬉しいし、冲方丁にはありがとうございましたと。ありがとう冲方丁!!ありがとうシュピーゲルシリーズ!!ホントに一番面白いライトノベルです!!
torune-netoru.hatenablog.com
torune-netoru.hatenablog.com

③やっぱり石川博品比嘉智康は最高だな。

石川博品が同人で出した作品をKindle化した菊と力がとても良かった。更にガガガで出した最新作先生とそのお布団も良かった。辛いんだけどね、読んでると。優しい暖かいけれども残酷な作家石川布団の物語、読もう!!石川博品最新作先生とそのお布団。

菊と力

菊と力

torune-netoru.hatenablog.com
torune-netoru.hatenablog.com

更に比嘉智康ファミ通で出た最新作も傑作だった。正直、たまらん打ち切られてから2年くらいの月日が流れたから少し作家を引退した??との不安もあったのだけれども。だったのけれどもこんだけ面白え傑作を書いたんだからまだまだ読ましてよ!!とも思うから頑張って欲しい!!読もう!!比嘉智康最新作!!私の中では超傑作!!この作品を読んで超面白かった!!って人が1人でも増えるといーな!!

torune-netoru.hatenablog.com

また比嘉智康の最新作を読んでラノベ作家買いはあまりない派だと思ってだけれどもしてんじゃん作家買いとの気づきもあった。
torune-netoru.hatenablog.com

④今年デビューのすんごい好きな作品と

今年、新人賞経由でデビューした中で特に面白かった作品は平浦ファミリズムとまるで人だな、ルーシーの2作品が特に自分の中でめちゃんこ面白い作品だった。どちらも超絶好きです。

平浦ファミリズム (ガガガ文庫)

平浦ファミリズム (ガガガ文庫)

まるで人だな、ルーシー (角川スニーカー文庫)

まるで人だな、ルーシー (角川スニーカー文庫)

torune-netoru.hatenablog.com
torune-netoru.hatenablog.com

またこのラノ2位の86について。自分も読んでて面白いとは思ったけれども何というかお利口なエンタメというか綺麗に納めやがってって感が自分の好みとは合わず。面白いけれどもこの作品をめちゃんこ好きなんだ!!って感じにはならなかった。

torune-netoru.hatenablog.com


⑤よく読まれたブログ記事ともっと読んで欲しいブログ記事

よく読まれたのはガガガ文庫MF文庫Jの自分の生半可な知識でレーベルの印象を書いた記事。
torune-netoru.hatenablog.com
torune-netoru.hatenablog.com

そしてもっと読んで欲しいのは上でリンクを貼ったが、ブギーポップの好きなエピソードランキング。アレはかなり時間と熱を込めて、久々に自分の中で読まれる事を意識した記事でもあるし、ブギーポップ好きだし、も少し多くの人に読んで欲しいなぁと。

後は、他の方のラノベ個人史を読んでたらみんなラノベにこんな最初からポジティブだったの??と自分とのギャップを感じ、少し書きたいがなんか書きづらかったラノベ個人史とほま高登山部ダイアリーに触発されて高尾山登ったヤツは個人的にお気に入りの記事です。
torune-netoru.hatenablog.com
torune-netoru.hatenablog.com



以上、軽く2017年の振り返りでした。ってもやっぱりまだ1ヶ月あるしなぁと。上でも書いたが今年は特に読書をできなった年かなぁと。まぁ意識的にたくさん読むぞ!!と読書する事に義務感をもって本を読む事は死ぬほどつまらんものになるのは明白なので。本を読みたけりゃ読む、読みたけりゃ読まないくらいのフラットな気持ちで読書を続けられりゃなぁと。そしてこのブログもそのくらいの熱量で続けられたらなと。後、17年通年ベストと下半期面白かった新作ラノベについて書いていければなと。

ライトノベルのお話でした。
torune-netoru.hatenablog.com