ソルティライムシャーベット

小説とかライトノベルとか漫画とか邦楽とかの感想とか

俺を好きなのはお前だけかよ 7 ラブコメの最終形態とはるーみっくわーるどであるか否か

俺を好きなのはお前だけかよ(7) (電撃文庫)

俺を好きなのはお前だけかよ(7) (電撃文庫)

シリーズで一番パンジーの存在感が薄いけれども面白かったのは、恐らくサザンカの頑張りのおかげだろう。そうであろう。つかほぼほぼサザンカの縁の下力持ちとしてラブコメ部分を頑張ってくれてる。良いぞ、もっとやれ。脱線しろ。

まぁまぁ面白いんですよ、基本。毎回。なんかさぁって思うシーンもあるんですけど、掻き消されるんですよ、帯の苛立ちで。

何というかそこそこなの。そのそこそこで満足できるの、そこそこ。そんなベタなラブコメ。最初は変化球をやってるところに面白さを感じていたシリーズだったが、そこまで切れ味のないそこそこな変化球ぽさがこの作品の魅力。そこそこのラブコメ

今回、思ったことはラストのくだりはらんまかよ。高橋留美子かよ、あのノリって感じ。何というか良い意味で既存作品の面白さを取って、そこそこなラブコメになってるしやはりそこが好き。

このままじゃ高橋留美子がやっぱりすげえみてえな読後感で終わってしまうよ!!!!!