ソルティライムシャーベット

小説とかライトノベルとか漫画とか邦楽とかの感想とか

泣ける作品は泣けるのならば涙をドロップアンドジャーマンスープレックス

全米が震撼したと言われて尻込みしたことがあります。

泣けると言われて自分の涙は安くないと意地を張ったことがあります。

けれど泣けると言われる作品は泣かせようとしてる。それを意図してない作品だってある、けれど泣けるものもある。

そんなのどっちだって泣きゃ良いと思う。自分が泣けるのならば。人が泣けると言っておすすめした作品。そういった帯が巻かれた作品。泣きゃ良いと思う。泣けるのならば。

涙の数だけ強くなれるし。涙のキスをもう一度と。稲妻チューズデーに打たれて泣いたって良い。

泣くて行為に正直になったって良い。たぶん。どんな作品。どんなシチュエーション。それで泣ける自分の涙は嘘じゃない。たぶん。目薬使ってたら嘘かもしれない。
ソードアートオンライン マザーズロザリオで直球に泣いたって良い

同じく不治の病の女の子の叫びに涙を流したって良い

少女の大切なモノを守るために泣いたって良い

作品のあまりの酷さに泣くのも良い

デビルマン

デビルマン

ギャグで笑い泣きしたって良い

過酷な状況に懸命に駆け抜ける登場人物に震えて泣いても良い

青年の覚悟に泣いたって良い


泣きゃ良いと思う。泣きたきゃ。

ちなみに私は、あの時はお涙頂戴やってられませんわと思ってたセカチューを久しぶりに見たら泣いた。

世界の中心で、愛をさけぶ スタンダード・エディション [DVD]

世界の中心で、愛をさけぶ スタンダード・エディション [DVD]


ほぼほぼライトノベルの話でした。

ちせーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!!!!