ソルティライムシャーベット

小説とかライトノベルとか漫画とか邦楽とかの感想とか

絶対ナル孤独者 1 かなしみアップデイト

あっこれ読みたかったヤツまんまだと思った。夜の闇に消えていく。人知れず。異能者。現代もの。主人公コンプレックスやトラウマ、そしてそれらが結びつく暗さがある性格。大切な人を守る。一人のなんかつおい少女と出会う。かなりどストレートを放ってくるあっ、これ読みたいヤツだ。って感じ。

けれどもちょっと冗長というか主人公、敵のバックボーンを丁寧に描き読みたいヤツじゃんに繋がってくるけれども。やっぱり冗長なんよなぁ。頭を通り抜ける文章。

かなり好きです。けれどもこうハマるモノはない。

まあまあの面白さ。