ソルティライムシャーベット

小説とかライトノベルとか漫画とか邦楽とかの感想とか

一番好きな漫画サザンアイズにつきまして

ちょっと今回は自分の一番好きな漫画について簡単に書いていこうと思う。

きっかけは最近、どうやらFGOで新キャラ投入されており、若干サザンアイズネタを使ってる人をちらほら見て、サザンアイズについて思い出し始めた。

サザンアイズは過去の作品ではなく、最近と言っても数年前か。またweb上で新章と言うことで連載がスタートされた。その後、何周年記念みたいな形で急に思い出したかのように語られ始めて小さい賑わいをみせた。連載復活を皮切りにに色々な媒体で発表された。その時、うしおととら寄生獣等の過去の名作がアニメ化をしており、majica?これサザンアイズもくるんかい?この波にのるんかい??といやいや、んなこたぁあり得ねえよって気持ちの裏に小さい期待があった。結果、やはり無かった。悲しー。カナシミブルー。

けれどもサザンアイズは累計3000万部以上の超ヒット作品である。一時代を担ったと言ったらその他の超人気漫画がひしめき合ってたので言えないだろうが。少なくとも一時代に名を残したくらいは言っても良いと思える人気作品だろう。凄えな。

自分にとって、サザンアイズが一番好きな漫画である。ぶっちゃけサザンアイズの批判もあるが、批判している人の言ってる通りだと思う。作者である高田祐三も完結したときに述べているが、後半の展開はキャラへの愛着により中々キャラを殺せなくサクサクと物語が進まずテンポが悪くぐだくだである。前期のテンポ良い冒険活劇とは絵柄の変化も相まってかなり雰囲気はちがくなってきてると思う。かなり理解できる批判だ。

けれども自分は後半のサザンアイズの人間ドラマ的な部分が好きだわあと。主人公の藤井八雲は二つの人格を持つ三ツ目の少女パールバティ4世ことパイと出会う事により、彼女と一心同体の不死身の体になるウーの契約を結ぶ。彼女を人間にするために冒険をする漫画であった。ヒンドゥー教のシヴァである鬼眼王との勢力との戦いが物語冒頭からずっと続いた物語であった。パイとパールバティという二つの人格を持つ少女に主人公八雲が恋をして、彼女を守るために不死人となっても普通の人間であって言っちまえば不死身なだけのキャラがどんどん強く成長していき世界を救う物語であった。

物語の後半では力を得ても大切な人を救えなかった八雲の葛藤や人間は弱い汚い生き物である事を描かれてけれども大切なものであるから守りたいみたいな感じの人間ドラマが自分はとても好きだ。特に育ての親を救えなかった八雲や八雲の旧友が醜い心をさらけ出す31巻はとても好きである。力を得て得れば得るほど。八雲の弱さが際立つ。

サザンアイズの魅力は八雲とパイのボーイミーツガールで始まる恋愛ドラマがかなり作品としても重要ではあるけれど、自分はサブキャラであるハズラットハーンと綾小路葉子の二人の恋愛ドラマも素晴らしいと思っている。

特に葉子は一時期パイの体を借りて記憶を失ったパイとして(綾小路ぱいとして)、八雲とかなり切ない恋愛ドラマを見せてくれた。第二部は本当に傑作だな。その後、綾小路葉子として八雲と再開する。再開してからずっと八雲の事が好きで、いわゆるパイと八雲の間に入る恋愛ライバルキャラだったが、三角関係になるには八雲とパイの絆は強く一線を起き始める。そんな中、葉子の事が好きなハーンのアプローチにほだされたのか途中からハーンと恋愛関係になる。物語の後半でハーンがほぼ死んでる状態になってしまい、そのハーンを救うため八雲を裏切り鬼眼王勢力に寝返る。ハーンを救うためかつて好きだった八雲とも戦う事になる。また、ハーンのコピーであるリバースハーンというキャラも出てきて、心のどこか旧ハーンの気持ちの残滓から葉子の事を好きになるが。葉子は自分が好きであったハーンとは違う存在として拒絶する。

物語は最後の鬼眼王との決戦へと進み、八雲達は絶対絶滅ちょー絶望な状況になり敗色が濃厚となる。最後の時と言うことで、葉子はハーンに今でも八雲が好きだったと告白する。

majicaよ!?と今まで葉子の心理描写は若干曖昧に描かれていたから上で書いたような恋愛ドラマを描かれている裏側では!!?とこのサザンアイズ、葉子の視点から物語を読むとかなり切なさが溢れる青春恋愛モノの漫画となる。せつねー。

まぁ結局、再開された新章では葉子とハーンは良い夫婦になってたりとか力を得たことで人間の感情が薄れていく八雲等、昔から読んでた読者にはジンと来る展開が幾つもある。

話かわるが、自分がベッドを買って業者に搬入、組み立てをして貰って自分の部屋へと入れた際、業者の兄ちゃんが転がってるサザンアイズ新章のコミックスを見つけ、サザンアイズまた始まってるんですか?とサザンアイズについて少し盛り上がれたのは楽しい思い出だった。

物語の欠点は明確に分かるけれども、それを超える愛がある。サザンアイズは今でも一番好きな漫画である。ちょー好きな大好き。愛してる。