ソルティライムシャーベット

小説とかライトノベルとか漫画とか邦楽とかの感想とか

陰キャになりたい陽乃森さん 変わっていくモノ変わらないモノ、一つ一つがただ愛しい

陰キャになりたい陽乃森さん Step1 (電撃文庫)

陰キャになりたい陽乃森さん Step1 (電撃文庫)

作者のリーダビリティの高いと思える文章で軽やかに読めて割かし早い時間で読めた。読みやすさから上手さを感じさせる。

けれども特に面白くねえやってのが読み終わった直後の感想。後半の急転する展開に狙い通り、えっマジ!?となり作品の面白味を素直に味わえたと思うけれども。大して面白くない。正直、面白いと思える展開もあったけれども。。。ここまできたらよもや自分はライトノベルのラブコメ作品自体が合わないんじゃ?と自分側に問題があるのか??さえも疑いがでてきた。最近、コレは!?て思える作品に出会える頻度が昔よりも減ってる気がする。。。

キャラに対して薄いに近い印象があるな。全体的にメインヒロインである陽乃森さんはじめ、その他のヒロインたちにも魅力を感じるモノは特になく。主人公もハッキリ言って好きになれない。

展開も上で述べた通り、作品の面白味的な部分では素直に上手いなと思えるけれども。だからといってそこに熱がある好きを持てるかといったら、ちょい無理。

後、陰キャってワードもそうだけれども作品のキャラの地味さというかつまんない感じに全体的にこそばゆいと言うか小っ恥ずかしいと言うかあまり収まりが良い感情はなかったな。