ソルティライムシャーベット

小説とかライトノベルとか漫画とか邦楽とかの感想とか

七王国の玉座 上 氷と炎の歌1 読みました

七王国の玉座〔改訂新版〕 (上) (氷と炎の歌1)

七王国の玉座〔改訂新版〕 (上) (氷と炎の歌1)

遂に何というか満を持して読めた。思えば大学時代に旧版を面白いから読め読めと先輩に言われてたから随分と長い旅になった。遂には誕生日プレゼントにかこつけられて1巻買ってもらったが、それでも頑なにかったるいという気持ちでずっと読まないでいて、その後、もらったモノはどこかに積まれている本の海にのまれて見失い、新版が出てここいらでいっちょ読みますかと自分で買い、けれどやっぱりかったるいからこれもまた本の海にのまれて。それからKindleでセールをやっていたから今度こそ!!と思いまたさらに買い直しけれどもやはりかったるいから1年触れずにいて。やっとやっと1巻読めた。。。だって分厚いし読む気無くなるわあんな長丁場。


けれども大学の先輩を始め、ネットで病みつきにハマっている原作ファンやゲーム・オブ・スローンズ(正直、ゲーム・オブ・スローンズ自体は前々から知ってたが、それが七王国の玉座のドラマ化というのはマジで最近知った)での映像化のファンの言うとおり。ホントに言うとおり、そこが面白かった。その「そこ」って具体的に何よ??て話は、かなり熱いファンはネットに多々転がってるので何を私が今更。私の言葉で言い直してもその熱量には負けるし。。。みたいな気持ちがあるし。

とりあえずスンマセンでした、先輩。ホントにめちゃくちゃ面白かったっす。

ただまだまだ物語は序盤の序盤。多数の魅力溢れる登場人物の策謀やドラマ(ホントにマジで色んなモノが詰まってる!!)はこの巻で十二分に楽しめたが、特に先輩が熱かった合戦シーンはまだ火種を準備してる段階で、この火種を準備してる段階でこんなに面白いンだったら、どんだけになるんだよ!!!?と期待はふくらみます。

すんげードラマのある何でもあるファンタジー。これを読みなさいよ、あなた。わたしゃ先輩から貰ったバトンを誰かに渡したいところ。