ソルティライムシャーベット

小説とかライトノベルとか漫画とか邦楽とかの感想とか

灰と幻想のグリムガル 11 知らない血と魂を交わらせて

人は慣れる生き物です、たぶん。恐らく。衝撃な展開で衝撃を受けていたら慣れるものです。たぶん。恐らく。まぁ何が言いたいかというと最近の灰と幻想のグリムガルに飽き気味であったというのが本音な部分。気持ち。だったんすけど、今回は久々に面白かったです。

前回の衝撃な展開だったけど、上述の通りさほど衝撃を受けていなかったメリィのくだりに決着がつき、またこの先のハルヒロ達、仲間たちの間でそしてこの物語の先の展開に何かしらをもたらすのかはこの先の展開で楽しみに待とうかと。

今回は、ランタの成長というか師弟対決の決着の付け方はかなり面白かった。またランタの現世の記憶の描写もあってランタが何故あー言う性格になったのかというのも踏まえて良かった。

同じくメリィの現世の記憶から知らない血が混じり出すあっこらへんの表現も面白かったっす。