ソルティライムシャーベット

小説とかライトノベルとか漫画とか邦楽とかの感想とか

ブギーポップクエスチョン 沈黙ピラミッド 読みました

シリーズ最高傑作レベルの面白さ。正直、頑固として今までブギーポップ最高傑作はペパーミントと自分に訴え続けてきたが、其れが崩れ去るレベルの面白さ。物語の予想できない運び。ブギーポップそして宮下籐花としての物語へのポジション。そしてどこもかしも愛や恋が詰まってる青春。今回は色んな勢力?と言えば良いのか複数の登場人物の想いが絡み合って最高の物語を生みだしてた。マジで個人的にブギーポップ最高傑作レベル。というよりもライトノベル最高傑作レベルの面白さ。いや、今回はマジですんげえだって。

今回登場するメローイエローはホントに良いキャラだ。フォルテッシモを先生として仰ぎあやめ、フォルテッシモの力になりたいから強い弱いと言う尺度でものを判断する。かと思えば、ラストのメザーニン戦で放る熱い言葉でホントに好きだなと。子供みたいな純真さを持つ。

後、何気に再登場したスプーキーEも相変わらず良かったし、今回のイマジネーターの物語への関わり方もこの物語がどう運ぶのか予想の外へと運び出してくれた。

館川睦美、子守時枝、真下幹也。そして宮下籐花と竹田くんも含んだ恋の矢印が上手くぶつからない関係。更にはブーメランチームとの意外な関わり、そしてブーメランチームでもブーメランへの思いやり。そこに物語の核心へと繋がるメザーニンの正体と。狂おしい程に恋と愛が詰まってる青春と意外な物語の運びが凄くハマっていてブギーポップシリーズの魅力がふんだんに詰まっていた。途中新刻も出てくるところで淡い失恋の物語への良いスパイスになってた。

ハッキリ言って、困ってしまうくらい?にめちゃくちゃ好きでめちゃくちゃ面白い。やべーよ。マジで面白えよみたいな感覚。この感覚を得られる読書は最高に幸せで。今の私はアラブの石油王(最近は金持ちの代名詞でも用いられないが)みてえな金に塗れた幸せなんかより、もっと。もっともっと幸せであると自負してます。

サイコーですからね、マジで。