ソルティライムシャーベット

小説とかライトノベルとか漫画とか邦楽とかの感想とか

最近気になるラブコメ、恋愛ラノベ作家 3人

簡単にまとめときます。

園生 凪さん

今一番今後の作品の刊行が気になるラノベ作家。魅力は文章。2巻会話の生っぽさと気持ちいいテンポ。一巻から通して友達とは?恋人とは?と何でもかんでも定義づける生き続ける主人公も魅力。とにかく文章が文体が大好きです。私は感覚的にこの文章クールだなと感じるたぐいなんだけどもこの作家にはそれをとても感じる。私のクールが丸裸になってしまう。あの手この手でこの作品をこの作者を紹介してきたけど、自分の心を押っ広げるととりあえずめちゃくちゃ面白いから買ってくれです。テンキュ!

九曜さん

ネットでは結構昔から活動されててそれなりに知名度はあるらしいけれども自分はそこんとこは知らず。魅力はキッパリ言うと少年漫画の要素は入ってる少女漫画と言えば良いのか。ファミ通文庫ユニセックスな青春恋愛モノを出してるが、そのレーベルカラーとマッチした作品だと思う。けれども佐伯さんはちょっとエッチな女のこじゃない。かなり可愛い女の子だい。話変わるが、ラノベの青春恋愛モノはマガジンとかでやってる恋愛漫画じゃなく別冊マーガレットでやってる少女漫画に近いとおもっており、この作品もそうだと感じる。ユニセックスじゃねーじゃん。もっと一言で言うとグッドモーニングコールの男女のかっこよさと可愛さが逆転した感じ。少女漫画読もうぜいて言いたくなる作風。

海老名龍人さん

自殺するには向かない季節 (講談社ラノベ文庫)

自殺するには向かない季節 (講談社ラノベ文庫)

ループモノなんだけど、そのループモノのお決まりてわけじゃないけど、そっち行くの!?そっち行っちゃうの!?て物語の運びと青春のやってらんねえダリい感が混ざり合って溶け合って良い読み心地になる。文章も渇いた感じと表現すれば良いのか?そんな作品と文章がとても良いあんばいでごぜーます。

以上です。終わります。


torune-netoru.hatenablog.com