ソルティライムシャーベット

小説とかライトノベルとか漫画とか邦楽とかの感想とか

暇人同盟 友達いらない同盟2 青そして青そして青で恋をせよ

暇人同盟 友達いらない同盟2 (講談社ラノベ文庫)

暇人同盟 友達いらない同盟2 (講談社ラノベ文庫)

2巻完結。と言うワードにはやはり裏を隠せば打ち切りと言うネガティブなものがつきものだけれど。この作品の素晴らしいところは、すごく希望が強い。もっとこの作者の作品を読みたいという欲が強く、あぁ終わった残念無念よりそれが強い。

この作者の魅力は生っぽいけれどもホントに心地のよいリズムの会話劇。そう、生っぽさと心地のよいリズムは両立する。ハッキリいって素晴らしいと思うし。自分がもし作り手側に立ったとき、そんな時はないけれどもこの文章は憧れる。とても気持ちの良さ。

シンドーくんは、ホントにかっこよさとひねくれてるけれども。案外心を打つ言葉をさりげなく言ってくるな、

城ヶ崎の煮えきら無さと恋への意向の依存さとシンドーくんの彼女に対しての大事だけれども無いわーみてえなヤツとか、澄田の分かりにくいところが分かり易いところとか。何というか物語はすんなりいかないよな、だって人間関係そんなもんじゃね?という物語の展開は素晴らしい青春を産む。

みんな青いのが素晴らしいと凄く楽しい。そして好きな作品だった。よかったよ、マジで。