読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ソルティライムシャーベット

小説とかライトノベルとか漫画とか邦楽とかの感想とか

ジャナ研の憂鬱な事件簿 霧が晴れた

ジャナ研の憂鬱な事件簿 (ガガガ文庫)

ジャナ研の憂鬱な事件簿 (ガガガ文庫)

霧が晴れた。と読み終わった後に大変面白くて、最近、最近のラノベを読んでて面白いのに楽しいのにどこかはぁ。。。とかふぅ。。。とかよく分からんアキラメ?じゃねえけれども。面白く楽しく読書してたのに、どことなく霞みがかったものを払拭する面白さがあった。

ぶっちゃけ、ミステリーとして楽しかったと言えばどうなんだろう?けれども物語としては、そらもうとことんまで楽しみ大変面白かった。ミステリーを読んでんじゃない物語を読んでるの!!楽しんでるの!!て感じ。

ミステリ色とキャラたちが良い具合の配合で進む物語は楽しい。個人的には、最後暴れるシーンの時は、せっかくギター振り回してんだから、フリクリみてえなのやってよ!!フリクリみてえなの!!くらいしか不満が無いです。

ぶっちゃけといーかぶっちゃけ。日常ミステリーの青春ラノベ、フッツーのを全然越えてかない内容だったけれども一気に読ませられる引力を感じ、そこがすっげえ好き。引力が発生してるのは全体的。全体的、総合力。つーか雰囲気!?

この引力が自分をうおおおおおおお面白え!!!て気分にさせられ、自分がうおおおおおおおてなるのは面白いものだから。好きです。