読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ソルティライムシャーベット

小説とかライトノベルとか漫画とか邦楽とかの感想とか

東京レイヴンズ 14 読みました

ここまで巻を重ねて置いて今更かよて想いはあるっちゃあるけれど、このダサいところがめちゃクールってサイコーッスね。あまり和物って正直、ダサみを感じてしまうんすが陰陽師って。。。それをクールに描く、それがまたダサい、けれどダサいところがまたクールみたいなよう分からん入れ子構造みたいな思考になってしまい、まぁめちゃくちゃ面白かったです。

繰り返すけれどあざの耕平さんの魅力はやっぱり分かりやすさとその分かりやすさを存分に使って面白さを出す。愚直って言うのも誠実て言うのも何か違う。けれどもやっぱりその展開になったらそうなるよね!みたいに伏線及びそれで生じる急展開が、読んでるこちらからするとストンと良い当たりを出す。読者を裏切る超展開は無い。けれども読者を楽しませる超展開はある。

今回の夏目と飛車丸の関係を示唆するものは丁寧に出してて読者の予想の範疇?ていったら少し違うけれども何つーかやっぱり真っ当な展開。そこや春虎の今まで単独行動していた謎とか。そういったモノを上手く集約させて盛り上げる。やはり面白えよなぁ。

特に今回、特筆すべきはやはり中盤から後半の多数の登場人物の視点から紡ぐ連続性のある戦闘描写。アガる。けれどもちょい登場人物が多数いすぎて散漫になってるかなあ?て印象も無いわけじゃ無いけれど。んな事よりアガる。超アガる。超楽しい。長面白いです。