ソルティライムシャーベット

小説とかライトノベルとか漫画とか邦楽とかの感想とか

GWは旅行に行かずに家でラノベを読んで時間旅行!?リスト

どうもです!!皆さんGW如何お過ごしでしょうかヽ(^o^)丿!!今回は、GWに是非読んで頂きたいライトノベルをご紹介します。テーマはズバリ時間モノで私のオススメをご紹介させて頂きます。結構ベタなチョイスになると思いますので、そんなん読んだことあるわってツッコミが出ると思いますがご容赦を。GW中、旅行行く気力もお金もないって方、本を読んで時間旅行をしてみるのは如何でしょーかー(*^▽^*)。

では早速以下よりご紹介させて頂きます!!

1.タイムリープ

恐らく今回、紹介させて頂く中で一番のメジャーどころ!ラノベ名作でも色々なところで紹介される本作。未来を変えるために過去へタイムリープするお話です。ウリは緻密に組まれた伏線というかスケジュール!!

2.君と時計と嘘の塔

シリーズ全四作。ある事が原因で時をループする能力に目覚めた主人公。過去起こした事件で罪の意識を主人公が持っている少女の死を防ぐために過去へループし未来を改変しようとするが。みたいな筋書き。物語が進む毎に明らかになっていく真実に絶望すること間違いなし!!最後の若干ビターなエンドも面白いですよ!

3.ある日、爆弾が落ちてきて

ある日、爆弾がおちてきて (電撃文庫)

ある日、爆弾がおちてきて (電撃文庫)

時間モノの短編集。一つ一つのエピソードで時間の流れが違っており話の切り口も全然違っておりお見事!特にエピソードの一つである三時間目のまどかは昨年、流行ったアニメ映画を思い出してしまいます!こっちの方が先ですけどww。最近、MW文庫でリバイバルされて手に取りやすくなってお薦めですよー(●^o^●)。

4.サクラダリセット

絶賛アニメ放映中!そして実写映画化も控えてる本作。能力者の存在する街・咲良田に住む浅井ケイは見聞きしたことを完全に思い出す「記憶保持」の能力を、春埼美空は世界を最大3日分擬似的に巻き戻す「リセット」の能力を持っている。そんな二人が色々しちゃう物語です!






スンマセン。読んだのだいぶ昔でかつ1巻しか読んでないんでだいぶ記憶ないです。具体的には、主人公がリセットって言ってる事くらいしか記憶にないです。
話変わるけれども最近、本屋ぶらついてる時に角川文庫版とスニーカー版が平積みで展開されてて、何となく大帝国KADOKAWA感パねえなっておもいました。パねえわ。また独自の調査によると本アニメを視聴した際、村上春樹を読んだこと無いのに、村上春樹ぽい台詞が駄目!!って人が数名いたことが確認されました。何だよそれ。村上春樹すげーな。

5.自殺するには向かない季節

自殺するには向かない季節 (講談社ラノベ文庫)

自殺するには向かない季節 (講談社ラノベ文庫)

この作品は、タイムリープをしているがそこがメインではない。自殺をしたい少女に自殺をする手助けをするって内容で全体的に薄暗い感じがするが青春をしてると言うと少し悩む。時間と薄暗い青春。どっちにも振り切れてない。そんなところが曖昧な雰囲気がこの作品の魅力であると私は思う。


以上、五作品です!