読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ソルティライムシャーベット

小説とかライトノベルとか漫画とか邦楽とかの感想とか

だからお兄ちゃんと呼ぶなって! 2 読みました

だからお兄ちゃんと呼ぶなって!2 (ファミ通文庫)

だからお兄ちゃんと呼ぶなって!2 (ファミ通文庫)

うーん。。。
前巻のラストのひきからスタートした物語は疑心暗鬼の超爆発。その少しホラーぽさも作者のコメディ強い文章も相まって、あっこれ多分予想した所にゴールしないなと早々に気づく。何だけれども主人公の疑心暗鬼は止まらず。さらにこの巻で各登場人物の裏の姿が分かり、こう自分が期待していないところでえー!?となった。スケバンモモサンの正体とか。ラストは意外っちゃ意外だけれど、多分自分の想像通りにいかないなと少し身構えて読んでたので、こう心にくるモノは弱く消化不良のまま終わったのが正直なところ。こうなんつーか心の置き場に戸惑う物語の終わりだった。1巻の面白さが物語を着地させる方に力を入れたのか物足りなさがある。しかし作者特有のコメディセンスはあるし、こう全体的勿体ないなぁな印象。