ソルティライムシャーベット

小説とかライトノベルとか漫画とか邦楽とかの感想とか

俺を好きなのはお前だけかよ 5 情け無用でぶっ放す友情という名のブライカノン

俺を好きなのはお前だけかよ(5) (電撃文庫)

俺を好きなのはお前だけかよ(5) (電撃文庫)

後半の展開及び、それに対しての皮肉じみたメタを秘めたギャグのつもりの地の文に一瞬でイラッときて自分がビッグオーみてえな腕をしてたら迷わずサドンインパクトをぶっ放すくらいになってた。久しぶり人間であることに喜びを覚える。ビッグオーだったら始まってたショータイム。

しかし、そんないらだちを見事にあとがきでピンポイントバリアパンチを打ち込むかの如くフォローを入れる。さらにおまけでブライガーネタを仕込む作者に対して好感を持てました。この人、アタマ良いなやっぱり。たぶん読み手がイラッとくるだろう所をきちんと拾ってフォローを入れる。これ本人でちゃんと考えてやってたらかなり頭良いなと。

本編の話は友情の話しでした。まごうことなき友情の話。最後はキメてくれたよ。何というか友情の話ですと言う感想を落とし込めばとりあえずもーいかなと。イエイ。面白かったです。