読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ソルティライムシャーベット

小説とかライトノベルとか漫画とか邦楽とかの感想とか

読書サイクルのお話

私、趣味読書です。というのも悲しい話だがそれくらいしか趣味がないし消極的に趣味が読書なのです。別にそれも悪くない。けれども自分の人生くらいはもっとシャンとしてこうと上っ面だけでは思う。なのだけれども趣味は読書と言ったけれどもけっこー広いよね。読書の範囲って思う。読書は新書とか自己啓発本しか読まない人もいるし。何でそれを読むの?と尋ねると、こんなん当たり前ジャンてことを文字で起こされており再確認するためと返ってきた事があるが。ならモテる本を読んでたのならもっとモテても良いんじゃね?と皮肉を当時思ってはいたが、そんな話も掘り返すにしても古すぎる。とりあえず趣味は読書です。と言ってはみても読書の範囲って広すぎる!すごーい(けものふれんず)って感じです。嘘です。趣味は読書です(ラノベに限る)でもかなり範囲でかいしね。趣味は読書です(ラノベに限る)でもアクションありーのラブコメありーのあとはなんかありーのでぶっちゃけ趣味は読書です(ラノベは読書じゃない)の人よりも読む幅でかいんでは?というか趣味は読書です(ラノベは読書じゃない)人はラノベを何で捉えてるんだ?文章があるイラスト集か?それは単純に濁りっけなく馬鹿だと思うし。つーか大抵はオタクがオタクを馬鹿にする世にも恐ろしく醜いオタクpuncherではあるだけれども。まぁ単純に言うと使う人種も違うだろうけれどもラノベ読みって言葉消えて無くなれ弾けて混ざれ光になれぇのヘルアンドヘブンです。という気持。何だよラノベ読みって。寧ろラノベ以外は読まないぞってガンとした気持ちを感じるのだが。肩肘張るなよ。いや別にそんなつもりで使ってるわきゃないんだろうけれども。自分は趣味は読書です。な人間なのだけれどもわりかし読書のサイクルがあると思う、きっと。曖昧だ。何を言いたいかって最近、ラノベイマイチつまらんなぁと思ってきたから、たぶん飽きただけ。ラノベって大きい括りでやるのもアレだけれどもたぶんそうなんだろう。全然文字を追えない。と思って久々にラノベ意外のモノを読んでみたらスイスイ話が入ってくる。もちろん作品毎の面白さもそれに一因するのは全然当然何だろうけれども。けっこーラノベ、漫画、一般文芸のサイクルがあり、それの一つに身が入らなくなってきたら別のに移るってのがある。まぁそれも必ずしも起きる訳じゃないし、全体的なチョーコー的な?ちなみに今は読書に飽きてスマホ弄りだして意味も無く、このブログを書いてる。こんなにも飽きっぽい人間が読書っちゅーそれなりに時間を要する読書を趣味といえたもんだ。金がかからんよなぁ、趣味は読書。