読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ソルティライムシャーベット

小説とかライトノベルとか漫画とか邦楽とかの感想とか

灰と幻想のグリムガル 10 言葉にならない気持の言葉はある

こっこれは。。。いつも以上に寸止めな終わり方だわ。最後の怒涛の展開から次の巻ひきを作って閉める。毎回、それにやられちゃうんだわなぁ。マンネリしてきたって気持も無くは無いのだけれども、やっぱりそこんとこは面白いよなぁ。後、ハルヒロが覚醒したというよりも自分の今まで培ったものがはなひらくというよりも。あんだけ怒涛の展開をしてきたんだからこれくらいできんとと作中のキャラと同じく信頼というか積み重ねを強く感じた。今回の新キャラのジェシーにより、まぁ謎がさらに深まるというか、核心は見えそうだけど見えない感が強いわぁ。各登場人物の言葉に詰まる、上手く言えなくなっている感情が何でアルかは相変わらずやきもきさせるものがあるけれども。それはただ単純に好きって言葉で表せられて。それに戸惑う苦しむ愛おしむハルヒロたちがとてもたまらないです。単純なのに単純じゃない。