ソルティライムシャーベット

小説とかライトノベルとか漫画とか邦楽とかの感想とか

グラスハート 読みました

GLASS HEART 「グラスハート」 (バーズノベルス)

GLASS HEART 「グラスハート」 (バーズノベルス)

超面白かった。こーゆーもんが大好きで。大好きなものがとても面白くて。心地よくて嬉しくて。すっげえ良いです。

言葉の吸引力が半端ない。心を吸引する。すっごく読み進めると展開とか台詞とか心情とか地の文とかどこかでグッとくるものがあって、そのグッと心を吸引される感覚がとても心地よいんです。それが何気ない台詞とかさり気ない文章とか繋ぎの部分とか作者の意図とは違ってたりするかもとか。そんなの関係なく。小説ってライトノベルって読み物ってそういったグッときたりする。そんなんが私は大好きです。愛しいです。ぐ

あと、個人的になフェイバリットはベースをこう聞き慣れたうざったいベース像として捉えてないのが凄く好きでした。リズム隊が重要、ベースは屋台骨なんてあたりめえなんだよ、そのあたりめえから脱却と言えば良いのかベースを主張したりするバンドも当たり前にいたりする昨今。そんなあたりめえなんだよを感じさせない感じもとってもクールというか、苛立ちは生まれなかった。

登場人物が好きでした。主人公がキーボードだけど、穴埋め的な意味合いもありドラムで加入。この主人公のはねっ返りな感じと少女チックなところもあるのとても可愛い。さらには奥底には自分がメンバーよりも劣っていてそれを必死に追いつこうとしてるところとか音楽を真剣に楽しもうとしているところとか。そらイケメンも惚れるわ。ザ少女漫画の主人公。可愛くて芯がある。さらにボーカルとベースか?の天才藤谷センセー。彼の天才像はまだ見えないところもあるけれども。過去に何かあるけれども。その天才の映し方も可愛らしさがある。主人公が以前追っかけしてたギタリストの尚。主人公の目線からみているというのもあって、年上でクールな人間として捉えられてるけれども。どこかしらまだ大人になれないガキっぽさも透けて見える感じも好き。彼はまだまだポテンシャルを隠してる。さらに主人公との出会いから色々と見られ、そして読み手に見破られるギラついた想いもあるキーボード担当の坂本くん。彼の報われそうな恋にこっちはニヤリとガンバれぇを贈りそうだな、今後。バンドメンバー以外ではこれはとても良い感じのすかした感じからとても可愛いらしさが生まれる事間違いないトーヤ君。こんな彼女ら彼らの青春活劇はたまらんよ。グッと刺さるものがある。

但しオーヴァークロームのフルネームはびっくりするくらいダサい。時代とか何とかで誤魔化せないくらいのダサいがあった。そんなんをトーヤ君が真剣にやってるからキュンとくるよね。

本編と番外編は文章で明確に作者の技量というかかきかたが変わったの分かる。今の文章はかなり心情描写を美しくしてんな。これも心地よいけれども。昔の文章の等身大の少女の心の揺れ動き、周りの登場人物の移ろいゆく感情の青春ぽさも楽しいし、どちらも好きでした。

こんなグッとくる文章、とてもたまらんにキマッテルっしょ。大好きでした。時代背景は古いというか若干ノスタルジーを感じさせるのに物語もキャラも新鮮。ちょい話変わるけどブギーポップもあの時代の空気があってこそ面白い、今じゃウケねえみてえなことをネットで見たが、古くならねえの!!感じさせないの!!青春は青春をやってると思ってたら終わらねえんよ、サイコーじゃんね。