ソルティライムシャーベット

小説とかライトノベルとか漫画とか邦楽とかの感想とか

ゲーマーズ! 7 ガラスのロープを目隠しで渡るようなひりつく想い合い

ぶっちゃけ4,5巻のオチが好きで6巻の回収がうーむな自分としてはこれ以上ないくらいの展開を魅せてくれた。想い合うからこそひりつく関係ってたまらんのよ。しっかしこの作品もごちゃつく人間関係にインフレーションを極めてどでかい爆弾を放っては次の巻で粛々と解体していくのがパターン化してきて、だけれども。だけれどもそのパターン化がとても心地よい粟立たせるものあって、好きなんだよなぁ。ラブ&コメディ。

今回は自分の好きって気持ちの向けている相手に対して、振り返るってのが出てくるキャラに見えた。それがただわちゃつくだけからどれくらい想うからこそ更にどんなわちゃつきを魅せてくれるのか楽しみだし好きだし限りなくラブに近いライク。好きってこと。

ラブとライクの境界線が薄れつつある登場人物たちの恋愛模様期待してます。個人的にはいかないだろうけれどもいっては欲しいアグーの姉御とどんより悩みつつも主人公とも一歩踏み込んだわちゃつきを見せて欲しいざんす。面白かった。