ソルティライムシャーベット

小説とかライトノベルとか漫画とか邦楽とかの感想とか

ほま高登山部ダイアリーに触発されて高尾山登りてえと思ったから登ったお話

ほま高登山部ダイアリー (ガガガ文庫)

ほま高登山部ダイアリー (ガガガ文庫)

torune-netoru.hatenablog.com

ほま高登山部ダイアリーを読んだら山登りてえなと思った。具体的には高尾山。なんてたって楽だから。私はちょいちょい年末に毎年ではないが高尾山に登る。なんてたって楽だし、そんなにガッツリ運動もしていないから。何で登ってきました。

まぁほま高登山部ダイアリー読んで触発されたってのも安易なんだが。読もうほま高登山部ダイアリー。仲間と先輩と登るぜ、愛の山脈。エベレスト。

車でドライブがてら午前中に高尾山口に到着。

私は高尾山は楽な山寧ろ丘の毛が生えた程度だと思っている。けれどもほま高登山部ダイアリーにて山を舐めちゃいけない事を学んだ。一番楽なコースを選んだ。なんてたって私の日頃運動不足を舐めてはいない。

リフトには乗らず。登る決心をする。

とここまではまぁかなりポップでカジュアルな気持ちでいたんだが登り始め五分もしないうちに登りてえなという気持ちは霧のように消えていき、帰りてえなと止めてえなともう降りてえなと気持ちが猛スピードで生まれ始める。なんてたって私、スーパー運動不足らしかった。二年前登った時は、スイスイとはいかないまでも登れてた登り坂が息もがちできれぎれ。会話なんてやってる場合じゃない。体に酸素を供給せねば。せねば死に至る。危ない。山は舐めてはいけない。というよりも普段の自分の運動不足を舐めてはいけなかった。見積が甘かった。

山頂まで残り2.7キロの所で猛烈な息切れで立ち止まる。そんな私を数人の児童が駆け抜けて追い抜く。私が。息を切らしながら。立ち止まりながら。何とか登ったのに。そんな彼らは、引率の先生にどちらに行くのかを尋ねた。道は別れていた。彼らは先生の返事もも待たずにこっちだよ!コッチ!!とどうやら違う道を行った。彼らは完全に山を高尾山を舐めていた。しかしどんな困難な運命も切り開いていくだろう。若いって良いね。

平地で落ち着ける所で真っ先に休む。写真はどうやら高尾山から八王子を一望できるらしいが私の写真テクが皆無なため分からない。生まれ変わったら森ガール(もう死語?)になりたいー。

望遠鏡で一望できるらしい。私にそんな余裕はない。


ここら辺を最後に写真を撮る頻度激減する。繰り返すがそんな余裕は無かった。

道の途中、天狗ラーメンたる名物の茶店が。ラーメン専門店との事。ラーメンの時はやっぱり小池さんは便利だ。けどまだ山頂に辿り着くのにはまだまだかかりそうなのに、腹にラーメンなんてぶっこめないっつーの!!

高尾山には天狗がいる。



天狗天狗天狗。まぁ推すのが天狗くらいしかないレジャーの山だし。


来る度にやる、神社とかで言うとあれ。お賽銭入れてか鉄の棒で叩いて鳴り響かせる。願ったことは欲望に塗れてるのであえて伏せよう。もっとしっかり生きたい。

高尾山に来る度に毎回やる。おみくじをやる。私は末吉とまぁ私らしいといったら悲しい結果に。

一緒に来た友人は凶。前に来たときも凶を引いた。

前回はわいのわいの盛り上がってるのをおばちゃんにフフフと上品な笑いを頂いたものだが、今回は無言で結んだ。二回連続で凶を引けるなんて寧ろラッキーだよとかのフォローもなし。私たちは無言であった。


階段も辛い。もはや自分の足にテボドンが実装されてるようなもん。

とかなり地獄の行進を登り続けてから一時間半くらいで何とか山頂に辿り着く。

おい標高こんな低いんか?エベレストとなんかと間違いをしてないのかい。

景色も良い。のか?分からん。

んで山頂で思いっきり休んだ後、降るんだが友人は30分くらいで降れると言っていたが1時間くらいかかった。当然、怨んだ。途中猛スピードで駆け降りるオタクに抜かされた。トイレを我慢してたと推測してる。写真は無い。理由は察していただきたい。

とかなり辛かったが無事降りられた。トータル三時間くらい。山を舐めてはいけない。それ以上に己を過信してはいけない。けれども運動不足だった自分が久々に運動した。山頂に登った時も気持ちが晴れやかだった。サンキューほま高登山部ダイアリー。みんなも読もうほま高登山部ダイアリー。山が全て教えてくれるはず。ちなみに原作で登ってるのは高尾山ではない。

降りてきた私たちを向かえてきたのは得体も知れないマスコットキャラクターのみどり〜。

どうやら高尾山か八王子だかのマスコットキャラクターらしい。ガチャピンではない。

スタッフさんがSNSで呟いてください!とかみどり〜が帰る時にみどり〜が山に帰る時間と言っておいて事務所にみどり〜が戻ってたりとツッコミどころは満載だが。野暮ってもんだろう。

最後に疲労マックスだったんで高尾山口駅近くのイタリアンレストランだかのジェラートを食べる。味は脂肪を燃焼させる効果のやつ。そういう問題ではない。運動しろ。めちゃくちゃうまかつた。

以上、
運動不足な自分とほま高登山部ダイアリー面白いから読もうという話でした。