読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ソルティライムシャーベット

小説とかライトノベルとか漫画とか邦楽とかの感想とか

ブギーポップパラドックス ハートレスレッド 読みました

娯楽は娯楽だからこそ楽しい。それに基本は学びは要らない訳じゃないけれど、少なくともこっちからは求めにいかない。けれど今回の朱巳ミセス・ロビンソンの本当の絆を感じさせる偽りの家族のエピソードはグッとくるものがある。凪と朱巳と対象的な関係に内包されてる近さと朱巳とミセスロビンソンの関係もそれに近いものを感じられて、学びは無いけれども。考えさせられるわけれでもないけれども。心の中に何かを残していった。ミセスロビンソンの死により活路を見せた。偽りの家族。わたしゃ此所に何か残る。良さ。

凪とブギーポップ。互いの存在も上と同じではないけれども何かしらの近さを感じる。人と人の関係に正反対なんちゅーのはない。好きとか嫌いとか境遇とか立場とか。そんなもんのせいで線がブレて真反対のもんなんてねーんだろうなぁと。

後、辻さんもこれまた朱巳と近いような遠いようなの境界がぼやけて再登場。あーんただよねえ。このエピソードはあなたです。必要です。

近いような遠いようなそーゆーもんがハッキリしないモヤモヤが青春を面白くするんじゃなかろうか。今回も面白いです。炎の魔女だぁ!!