ソルティライムシャーベット

小説とかライトノベルとか漫画とか邦楽とかの感想とか

閃光のハサウェイのWikipediaは喋りすぎてる


スパロボGジェネファンの皆様には良くありがちだけれど、原作を観たことも無い読んだことも無いのにざっくばらんなあらすじや内容を知識にしてしまっている。かく言う私もそうである。なんてたってあんだけJ9シリーズスパロボを通して大好きだったのに、ブライガー1話のクオリティの低さには度肝抜かれた。イエーイ。イエイイエーイ。

まぁ閃光のハサウェイも同じくなーんとなく知識では知っており、今回ついにスパロボに参戦する(機体のみらしいが)ということで、ここらでいっちょ読んでみっかと言うことでKindleで全巻買った。ちなみに私が如何ににわかであるかは富野由悠季のふりがなでとみのよしゆきであるのをみて、げえ!?ゆうきじゃないのぉ!って言うのと。更に昔子うるせえオタクにそーいやよしゆきだから!!って怒られた記憶を思い出した。よしゆきとあたまの中の記憶の片隅にはプリンティングされてるのに富野由悠季っていう字面はもろにゆうきじゃんと。

まぁ何を血迷ったのか読む前にWikipediaへいってしまった。そしたらハサウェイの最後までもろ饒舌に語っており、今から読む本のあらすじをご丁寧にご教示頂いた。当然、読む前にそれも買った直後にWikipediaにいく私が間抜けなのだが、ちょいリズミカルに語りすぎだろ。きっとこういうことを書く人間はWikipediaWikiと略すな!!って言ってた輩だろう。何一つ根拠もないどっから沸いてきたのかすら分からん偏見を自由自在に使いこなし、わたしゃインターネットさまとふれあって暫く経つが、一旦止めよう。休憩しようと。ネットとsnsをみるのを休憩しようと決意した。

お呼びあらば即参上。イエーイ。インターネットで生きてくぞい。スパロボV発売する前に読もうと思ったが気が向いたうちに読もー。