読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ソルティライムシャーベット

小説とかライトノベルとか漫画とか邦楽とかの感想とか

やがて恋するヴィヴィレイン 2 いつか起こすぜいラブレヴォリューション

うーん。。。読んだ印象なので決めつける訳では無いんだが、この作者って結構大枠では話の構成練るけれど、巻毎ではけっこうライブ感ある人なのかなぁ?というのがこの2巻を読んで思ったこと。1巻の終わりとの繋がりもしっくりこないし、アステルとルカの二人旅の感情を揺れ動かすために展開がちと強引とか雑な印象を受ける。前巻で心動いたドラマチックさがこの巻ではちょい強引な面ととらえて、あまり良い印象を受けなかったって言うのが正直なところ。

叙情を感じさせる文章が前回で物語の儚さ美しさにときめいたのだけれども今回はそれが冗長に感じさせる。

恋をするからこそ起こす革命。恋愛レボリューションはまだまだ始まったばっかだぜい。