ソルティライムシャーベット

小説とかライトノベルとか漫画とか邦楽とかの感想とか

魔術学園領域の拳王 絶対に負けたくない奴がいるってばよ

魔術学園領域の拳王 黒焔姫秘約 (ファンタジア文庫)

魔術学園領域の拳王 黒焔姫秘約 (ファンタジア文庫)

何というか自分が15年前に読んでた週刊少年ジャンプ。そして最近まで載ってた週刊少年ジャンプ。思い出したってばよ。

主人公が才能が隠されているが最弱。心の奥底では認めているライバル。NARUTOっぽさ。特に主人公が挫折してから即誰かを救うために立ち上がるシーンあるんだけど、あそこ波の国の時のNARUTO思い出したわ。初期の火影になるってばよからのうわぁあ怖いよからのけど立ち上がるってばよみたいな展開。正直、あの時のNARUTO好きくなかった。

ほいで設定で、武器の二段階進化みたいなんはBLEACHぽさが。こちらは今回あまり設定活かされてなかったなぁ。

修行、バトル、最弱からの立ち上がり、ほんのりとしたラブコメ、昔は最強キャラだが今はそんなん見る影もない、しかし凄みみたいなんはチラリと見せる老人キャラ。何より最後のライバルとのラストバトルとけっこう光る要素があり、中々楽しめた。けれど緩急があまりなくかなり高速で進む展開が逆に一気に読むのが難しかった。中々、楽しめる面白いところもあるが、惜しいところもあった。