読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ソルティライムシャーベット

小説とかライトノベルとか漫画とか邦楽とかの感想とか

弱キャラ友崎くん 3 仮面舞踏会を抜けた先は極彩色イマジネイション

弱キャラ友崎くん Lv.3 (ガガガ文庫 や 2-3)

弱キャラ友崎くん Lv.3 (ガガガ文庫 や 2-3)

中村くんのシークレットスペースのスペックを女子に伝える友崎くんはまさにナチュラルな鬼の如し。

今回は最高に面白いんですけど、まだちと話を動かすには早いんじゃなかろうかとも。いやとても面白いんだけども。

理由としては以下二つ

一つ目。友崎くんがホップステップでレベルを積み重ねて行くことに疑問を持つ展開は、も少しレベルアップの積み重ねをしてからだと思ったが、ここで一度崩しにきて再構築するのかぁと。

二つ目。この物語は友崎くんの事を日南さんが上げるのに反比例して、日南さんの事を友崎くんが下ろす話だと思ってる。そんで丁度いいバランスになった辺りで物語が加速すると勝手に思ってた。けれども今回の日南さんの言動行動はちと仮面を取るのには早すぎるじゃないの?

て思ってたのだけれども菊池さんとの最後の会話から友崎くんと日南さんの関係が新たに開きを見せたのはイラストの効果もあってすんばらしいね。

作中でも言われてるが友崎くんの日常に彩りがみえ、それを素直に面白い楽しいと思える友崎くんのひたむきさ、そして素直さが可愛いね。ホントに。

友崎くんが何を見つけ何のために進み、物語をカラフルな青春ラブコメにしてくのか、ホントに楽しみ。