読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ソルティライムシャーベット

小説とかライトノベルとか漫画とか邦楽とかの感想とか

テスタメントシュピーゲル 3上 前へ前へと突き進む激動の展開に震えるよ

☆☆☆☆☆ 角川スニーカー

作中に終末に向け前へ前へとひた走る登場人物達の激怒激闘激動の展開に、躰が前のめり前のめり前のめり。本を持つ手にも力が入り拡がるページ。最大ボルテージで最高バトルなシリーズ最終巻の前半。あぁ面白かった。ホントに面白かった。すんごく面白かった。

全てを解決するため前にひたすら前に突き進む涼月。最初からもう全開。とりあえず殴って壊して突き進め感覚でくる障害をぶっ壊しすところから始まり。陽炎と夕霧のMPB。乙と雛のMSS。それぞれの特甲児童達がそれぞれの激闘に胸が踊る。踊りまくっちゃうなフィーバーナイト。半端ないのよ。たまらないのよ。

そっから巡るめく戦況や場面の動き代わりの末、ついに。ホントに長いこと待たされたMPB特攻児童のケルベロス復活。ここに来るまでの涼月の仲間に対しての信頼。陽炎と夕霧の小隊長である涼月が立ち止まったままでじゃないって信頼。ソレが合流したとき、たまらんわぁ。

このシュピーゲルシリーズってホントにハードでキッツい展開を必死に足掻くタフな少女と少年達が主人公なんだけれどもそんなら状況でも少女性って言えば良いのか等身大のティーンズの心の揺れ動きをしっかりと映し出すから本当にそこに心揺さぶられるんだよなぁ。タフなんだけれどもどっか脆さがある。けれども守るため生きるためにタフで必死に懸命に前進む。まもって守護月天!デデデンジャー。そこがホントにたまらんく好き。超好き。愛してる。大人達のドラマもめっちゃ熱い。

鳳の現状がラスボス状態で前巻で袂を分かれた感あるMSS側の特甲児童達もたまらんよなぁ。意外な相手と合流し涼月に導かれ状況を見出す雛。一人孤軍奮闘で守りの闘いをする乙。やっぱりどの戦闘シーンも臨場感も興奮も半端なシーンが立て続けにこの巻では構成されてんだけれども乙のシーンほ、その中でもべらぼうにクールスタイリッシュジャパニーズだよなぁ。格好いいわぁ。あと水無月との共闘で孤独からの解放されるシーンもたまらんわぁ。あの乙が張り詰めてたモノが解けるような感じ。

ホイテロートとロートヴィルトの今まで作中でも最大級の難敵。それぞれに因縁がある乙と陽炎の二人。その二人が打ち勝ち乗り越え、さらにあの難敵に恐怖を感じさせるシーンはぞくりとくるわぁ。ホントに物語の褶曲を感じさせる。

自らの宿命にそして今回、レベル3になることで確認特甲児童の面々は一つの山を乗り越えたと感じる。このボルテージマックスの常態で次がホントに待ち遠しい。たぶんこれが今まで読んだライトノベルの中で間違いなくナンバーワンになるだろうという期待というか確信めいたモノが心の中に大きく宿っている。

というかやっぱり冲方丁は、ホントに物語の構成というかつなげ方がピカイチに上手いよな。えっ、それとソレが繋がるの?ってホントに震えたよ。たぶんこれ読んで、一時期の西野カナよりも絶対震えきった自信ある。いや、西野カナは強敵難敵だなぁ。

あの本当にラノベ界の歴史には間違いなく残る最大最高の傑作と思ってるんすが。。。