ソルティライムシャーベット

小説とかライトノベルとか漫画とか邦楽とかの感想とか

貴方のエゴ(一票)でミテイルセカイ(順位)が変わる 好きなライトノベルを投票しよう!!

今回は好きなライトノベルを投票しよう!!の宣伝の記事を勝手に書きます。

好きなライトノベルを投票しよう!!という企画があります。

lightnovel.jp


これは年二回、半期ごとにその間に刊行された、自分が面白かったライトノベルを投票しランキングにする企画です。主催者はいちせさん。今回16年下期に刊行されたラノベの投票の受付を開始したとのことです。投票期間は1/14(土)24時まで

自分もライトノベルを読んで、半期ごとに面白い作品を整理するためや知らない作品をしるきっかけにもなるという事でちょい前から投票してます。

この企画も私が初めて参加した時は、ブログを持ってている事が参加資格だったのですが、Twitterでの投票も可能になり前回からはtweetボタンをクリックし、tweetするだけで簡単に投票できる、より多くの人が投票できるよう仕様が変わりました。その仕様変更により、かなりランキングの趣も変わり正直、何が1位になるのか分からないと言う楽しさがあります。

上記リンクで過去のランキングの結果が載ってあるので確認して頂ければ幸いです。

仕様変更前のブログでの投票の時は、主にというか全員がライトノベルの感想についてブログに書く人達が参加者。ランキングの傾向としては、その期間に刊行された新作やアニメ化が決定する前、人気がメディアミックスによりブーストかかる前の作品が上位を占めているのが見て取れました。このライトノベルがすごいを購読している人なら伝わると思いますが、要は協力者だけのランキングと言い換えても良いかもしれません。(実際、参加されているブロガーの方は、恐らく多数このラノ協力者をされている人が大半なのではないかと思います。)

んで仕様変更後のtweetボタンで簡単に投票できるようようになった前回から16年上期の傾向だったのですが、ぶっちゃけそこまで代わり映えがしないなぁというのをランキング上位を見る限り思いました。

しかしそれでも変わった点としては、エゴの種類が増えたのではないか?と感じました。

というのもtweetボタンで簡単に投票できると言う手軽さもあってか、ライトノベル作家(たぶん、詳しく知らんが小説家になろう等のWeb媒体から商業デビューした方)がTwitter上でこの企画をtweetするとそのファンの方が投票する。ぶっちゃけどこぞのアイドルの人気投票を思い出した。

まぁそれを行っている作家の方も自分の作品を販促する事も目的としているかもしれないんで、一概に言いきれないけれど。けど販促を目的としてたらホントにどこぞのアイドル人気投票の雰囲気だなぁ。

まぁ要は今までは読み手がその作品を好きである事やらその作品をもっと知って欲しいと言うエゴだけだったのが、仕様変更により書き手側の読んで欲しい知って欲しい投票してほしいと言うエゴも加わったと感じます。

自分が何故今回、この記事を書こうかなと思った理由は、更にこの企画が多くの人に周知し投票する参加者が増えればどのような傾向になり、どのような知らない作品を知る事ができるのか?それについて期待しているからです。

新作がひしめき合うのか?それとも作家の方の宣伝が拡がるのか?はたまたソードアートオンラインとある魔術の禁書目録等のメディアミックス作品等の売り上げが大きい=読んでる人が多い作品がランキング上位になるのか?それは投票する方のエゴで変わる。

上で以前の好きラノはこのライトノベルがすごいの協力者だけのランキングぽいと述べたが、このラノと違って一票の重みは皆同じ。選挙みてーだな。だからその一票でどのような順位が作られていくのか楽しみです。マニア層だけでなく作家ファンだけでなく、より多くの人へ広がればどのような順位がみれるのか期待です。

これからこの好きなライトノベルは投票しようという企画がどのように変わりどのようなランキングにどのような傾向になっていくのか。一人の参加者として楽しみです。

ラノベのプロ! 年収2500万円のアニメ化ラノベ作家 (ファンタジア文庫)