読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ソルティライムシャーベット

小説とかライトノベルとか漫画とか邦楽とかの感想とか

妹さえいればいい。 6 怒りをもっとくれたらプロポーズ

妹さえいればいい。 6 (ガガガ文庫 ひ 4-6)

妹さえいればいい。 6 (ガガガ文庫 ひ 4-6)

いやぁ。読み終わった時はまずさすが平坂読。さすが平坂読だよ。次巻で物語に新たな開きを見せつつ、ちゃんと閉めるところは閉める。有能な自動ドアかよ。エレベーター。いやぁ素晴らしい。

前回の京さんやハルトとの大人かな?子供かな?境界線だよ大学生みたいなアダルティと幼さを感じる恋愛モノをドロリとしたものをあまり感じさせず、ソレはソレ。コレはコレは。好きな人は好き。みたいな曖昧な境界線の上の恋愛劇。

からの新人賞受賞式で登場したキャラクターはどうこの物語に楽しいものを添えてくれるのか高まる期待。と最近のラノベ批判やらブギーポップ上げやら。このくだりの何が良いかって最近のラノベ批判をしてるワナビのディスをやりつつもそういった人間の中でも才能ある人が業界を変えてくっていうクリエイター目線の意見。シビれるわぁ、アレ。好きだわぁ平坂読。大好き。

カニが主人公や周りの人間みたいに輝きたいという想いからの覚醒からラストのスーパーハッピープロポーズ。怒りをもっとくれよ。いやぁドラマーの作り方がまじブラボーワンダホー。さすが平坂読ー!!

妹はケツを出したくらいしか存在感なし。無しだからこそのこの妹の存在がどれくらいのバランスの爆弾なんかなと期待もあるよ。面白かった。