ソルティライムシャーベット

小説とかライトノベルとか漫画とか邦楽とかの感想とか

ブギーポップは笑わない 鮮やかにならない殺人の一歩手前

ついに読もう読もうと思って二年間積み続けていたブギーポップを読めた。上遠野作品はこれで2冊目なんだけれども大分読みやすいというのか軽い文章なんだよなぁ。なんだったろう上遠野浩平の自分の中で作られたイメージ。しかし、この作品で読みづらいと思ったのが彼が彼女が○○したっていう文章で、いな誰がしたんねん?登場人物が複数いる場面ですこし混乱した。まぁ前後読めば分かるけれど。ドラッグやら何やらの暗い雰囲気に世界の危機にお呼びでないけど、即でもないけど、参上するブギーポップ。ラストシーンは鮮やかでスピードがある展開。大変面白かったわ。ラスト前に未来のエピソードを入れる事で、誰もが世界の人の裏で。危機は迫っているっていうこの作品の雰囲気作りにマッチしている構成は見事。あと単純に宮下藤花ことブギーポップのキャラは印象に残るなぁ。まだまだ物語は序章であるけれどしっかり1冊でしめる。次の巻を早いうちに読もうと思います。個人的にはペパーミントまで読んで、シリーズ全巻追うか考えていこうかと。