ソルティライムシャーベット

小説とかライトノベルとか漫画とか邦楽とかの感想とか

久住四季 星読島に星は流れた 地球最後の日はアイツと終える

なんだろ。。。なんなんだろ。。。ロマンチックに流されてしまった気がする。ミステリ部分もロマンチックに流されていった。そもそも数年に一度隕石が落ちてくる島でのクローズドサークルものって時点でロマンチック。家族を亡くした主人公。パンケーキとタバコが大好きな主人公。地球最後の日はどうするか?って問いかけもロマンチック。浮かれないモードです。そこそこ面白く楽しめた。