読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ソルティライムシャーベット

小説とかライトノベルとか漫画とか邦楽とかの感想とか

尾木花詩希は褪せたセカイで心霊を視る カメラの中3秒間じゃ伝わらない鮮明な赤

尾木花詩希は褪せたセカイで心霊を視る (ダッシュエックス文庫)

尾木花詩希は褪せたセカイで心霊を視る (ダッシュエックス文庫)

マジで今でもそうなんだけどももう本の感想を書くときに悩むのコレが初めてかもしれない。いつも悩む前にデキトーにブワァって書いちゃうし、やる気ない時もこれまたデキトー。いや真剣に向き合ってるとかそーゆーのじゃないけれど、内容も良かったけれど、書く気も起きないってわけじゃないけれど。何もどう書きゃ良いのか分からん。良い。良いで終わらしたい気がするけれども。うーんうーん。みたいな感じでスマホと向き合って10分くらい経過したんでとりあえずかいてみっか、って感じで書いてんだけども。

ヒロインの詩希が急にくんづけになったりこいつ距離感難しいなって気持ちと徐々に変わっていく姿が合わさって進んでいくのも良し。うんこれ良し。

幽霊となった姉ちゃんの過去と花と赤の真相。うんコレも良し。良いぞ。

あまり関わってくる事もないような気もするけれども押さえるところは押さえるサブキャラ。あくまでメインは主人公とヒロイン。コレも良し。


やっぱ分かんねえ。とりあえず良し。