ソルティライムシャーベット

小説とかライトノベルとか漫画とか邦楽とかの感想とか

キミもまた、偽恋だとしても 1下 過保護はまるで愛の爆弾

キミもまた、偽恋(オタク)だとしても。1〈下〉 (オーバーラップ文庫)

キミもまた、偽恋(オタク)だとしても。1〈下〉 (オーバーラップ文庫)

一巻からずっと気になって言葉にできなかったんだけれど、今回読んで気づいたわ。地の文が登場人物のフォローが多すぎてめっちゃ過保護に感じる。登場人物の言動はあくまで個人の意見であってそれは一般論ってわけじゃ無いのよって読者へのフォローなのか何なのか作者である神の視点での言葉がストレスを無くす配慮をしていることが逆にストレスフル。過保護なカーチャンよ、コレ。わーったよゲームもう止めるって。やめるやめる。みたいな。鬱陶しい。

まぁ1巻の時に方向性が明示されてオタクあるあるとすれ違いなのか噛み合ってるのかの2人の恋愛模様がイメージ通りにこの巻も続いた。まずまずなんだけれど、コレ飽きるわぁ。ホントに飽きる。波風立たせ無いように努力してる二人だからしゃーないんだろうけれど、このネタで引っ張り続けるにゃ、ちょいと追いかけるのはきっついなってのが本音。

好みとしてはも少し波をつけて欲しい。二人以外の周りでちらほら起きてるけれど細波ですらないよ。