ソルティライムシャーベット

小説とかライトノベルとか漫画とか邦楽とかの感想とか

フレイム王国興亡記 1 ファンタスティック金融道

フレイム王国興亡記 1 (オーバーラップ文庫)

フレイム王国興亡記 1 (オーバーラップ文庫)

面白かった。まだまだ序章の序章って感じがすんごい。なろう小説って打ち切らなければこの後のボリュームがまだまだちっとじゃないくらい続くぞってのが分かってしまうのが苦手なんだよな。これもまだまだこっからが本番感あるし。

あと少し働いてる身からするとゾクリとするところあるなぁ。いやーないない、けどなぁもしかしてさぁ……ゾクゾク。ゾクリみたいな。

けっこうこの先ラブコメっつーかロマンスみたいなんも感じさせるよ。

ただの銀行マンがただの銀行マンのやり方でどんだけとんでもなくこのファンタジー世界変えてくのか期待。