ソルティライムシャーベット

小説とかライトノベルとか漫画とか邦楽とかの感想とか

りゅうおうのおしごと 4 エキセントリックショーギガールズ,motto!motto!!

りゅうおうのおしごと! 4 (GA文庫)

りゅうおうのおしごと! 4 (GA文庫)


こんな面白いもの読ませられたら死んでしまいますわ!!と思って無チューに読んでたら、読み終わったらとてもぐったりしている。灰になった感ある。タバコは灰にしてしまった。大変面白かった。

もう毎回毎回言ってるけれどもあいからず面白さの密度がハンパない。アンチオモシロコツソショショーショー。
なんてたってあいたちがプロになれるチャンスアリの大会で八一の過去に訳ありでかつ、こいつただ者じゃない感丸出しな新キャライカさん登場。コノジテンで開始10ページくらい。コノジテンでめちゃくちゃ面白い。つか後半でリアル丸出しなん発覚。
ヤベえ、今回もめちゃくちゃ面白いわ。。。と思ってたらグングン読ませられて、終わった時にはちくしょう。。。面白いじゃないの。。。とめちゃくちゃぐったりしていた。助けて。。。

とまぁ今回も面白い所目白押しというか面白い所詰まりすぎというかつまらないとこなんてネーヨバカヤローというか、まぁなんとまぁ。ずと。ずっと。ずーーーっと。とても面白かったです。

弟子double Iの大会の奮闘もそしてぶつかる相手もサイコーで。もちろんその対局もサイコー。ナイスナイスドラマ。そして最後のイラスト付きオチ。これまたサイコーで、それに震える八一もサイコーで。おめー、サイコーだな。

今回、新キャラのイカさん。今まで女流サイコーで最強で向かう所敵なし(巻末のおまけ含め)をとことん描写していた銀子にまさかこんなサイコでサイコーで。八一との過去云々やキャラもサイコでサイコーで。そんなオンモシロな奴と愛弟子あいがぶつかる。天才ばーさす天才。熱いね。季節は涼しいね。夏の終わりだね。森山直太朗だね。みたいな感じでまぁすっげえ面白いね。

かといってdoubleiの一角、愛衣さんもね。コレがまた良いのよ。対局の相手含め。ニコ生含め。もーこれも面白いのよ。

そしたら桂香さんの対局も。相手含め。這い上がってくのも含め。これまた良いのよ。

またまたそしたら合間にニコ生とかコメディシーンも面白いしロリだし、しかもそれがまたこの後の展開に効いてきて、良いのよ。

と思ってたら最後は主人公のライバルと名人。これも前半の八一との研究会のシーンから、うわぁ良いわぁと思ってたら、そのまた師匠がこれまたグッジョブ。本番の対局もこれまたドラマチックが止まらなくて。オモシロコツソショショーショー。ノー!ノー!!

そして神みたいな存在の名人と竜王八一がぶつかる!?次を待てって。。。おいこれまたハードル上がるぞ。面白さのハードル上がるぞ、おい!けど期待に応えるのはもちろん越えてくんでしょ?で終わる。

まぁサイコーですわ。だってサイコーでぐったりしちゃったもん。こっち。

ホントに歴史に名を刻め、オマエラくらいな超傑作なシリーズだと思う。とんでもないよ。

エキセントリックショーギガールズは止まらない。だからもっとくれ。motto!motto!!