読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ソルティライムシャーベット

小説とかライトノベルとか漫画とか邦楽とかの感想とか

いもーとらいふ 下 君が私をダメにする、最後のひと



いやー、面白かった。上巻で兄が葛藤し苦しみながらも妹の事が一番大切であり間違えてしまったかもしれないレールに乗ってしまったかもしれない。けれどももう引き返せないし、まっいっかとずぶずぶになってく。

のに対して今回の妹の視点があって面白かった。兄視点の妹。妹視点の兄。ちゃんとお互いを分かってる。けれども間違っている事もある。それだからもう戻れない。特に主人公と彼女についての妹視点のところは、とてもゾクリとくるものすらある。君が私をダメにする。

ズブズブにお互いに甘えて依存して飲み込まれた果ては二人だけの世界。依存する事で二人でいる事で個になる。妹が大切なものは兄しか思いつかないと言ったところももう世間にも兄以外の家族すらも目に入ってすらいない。兄はやはり昔の彼女と出会った時にまだ目を背けるという意識がある。

そういった登場人物の色んな感情をないまぜにして深みハマっていく心理描写がとても面白かったです。