読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ソルティライムシャーベット

小説とかライトノベルとか漫画とか邦楽とかの感想とか

おはよう、愚か者。おやすみ、ボクの世界 路上で投げ技は危険

☆☆☆ 電撃文庫


路上で投げ技は危険。ホーリーランドで学びました。いやホーリーランドで読まなくてもコンクリにぶん投げるのは危ないってのは分かるけれども。駄目 ケンカ。

というわけで電撃大賞受賞作に次ぐ新作。まぁ物語の〆方は面白かったし。ホーリーランドよろしくグラスホッパーよろしくな夜の世界の物語はけっこう面白かったと思う。投げ技駄目絶対。ステゴロステゴロ。ナイフは有りなストリートファイト。

思うのだけれども。

前作 ただ、それだけでよかったんですの時と物語の作り方話の展開の仕方が同じ事には、大きく不満です。情報を小出しにして、それが話を進める度に物語が違うカオを見せ始める。一緒すぎる。そのため、もちろん物語のスタートではもちろんそりゃ結末なんて分かりゃしないけれども中盤入るとあーこいつが黒幕であってきっと裏の顔はドギツイんだろなぁってハッキリ分かったし、このちょっと話題に出た先輩もどうせ絡むんだろ?みたいな。前作の話の進め方が一緒だし、もっと言えば前作は揺れ動く各登場人物の感情でどう物語が揺さぶられんのさ?っていうのが楽しかったが、今作はそれもなかった。

別にTwitterとかのSNSとか登場人物の過去が今に絡み始めるところを言ってんじゃない。作者の書きたかった世界観に文句をつけてるんじゃない。物語の進め方が前作と同じである事に、正直 前作を読んだ時、凄く面白かったとか、ネットでも賛否両論で割れてる。けれども自分は大好きだ。文書の読み易さもかそーいう諸々の好感を持てた事が今作で裏切れたっていう言葉を使うにはあまりにも一人相撲感あるし、なんと言ったら、たぶんこれはこの作者に対しての失望。もっと色んな書き方ができる人だと思ってたから尚更。いややっぱこれ一人相撲じゃん。これを書きたいものだったら、そりゃ読み手であるこっちが読まなきゃいいだけだし、これしか書けないのならハッキリいってショックです。

まぁ不満は正直爆発してるんだけれども何のかんのラストまでいったら面白かったという感情も残ってるし、次回作も読むと思う。けど次回作も同じような進め方だったら、この作者の作品はたぶんもう読まないだろうなぁ。