読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ソルティライムシャーベット

小説とかライトノベルとか漫画とか邦楽とかの感想とか

柚月裕子 孤狼の血 その男群れず

KADOKAWA ☆☆☆☆

孤狼の血

孤狼の血

面白かった。特に後半の展開はガッツリひきこまれた。

青い新米とアウトローなベテランの刑事バディもの。その二人がヤクザ関連の事件を追う。そのお約束なのかベテラン大上の破天荒な捜査にヤキモキする新米日岡

ヤクザとつるんでいる事もあり内外から敵も少なくない大上。色んな関係者の思惑が飛び交う中、二人は事件解決に奔走する。

この二人の関係が面白い。大上のキャラクターに魅力がある。

やがてヤクザ間の抗争への導火線に火がつき始めるのを必死に火消しに回る。そこから事態が急変し怒涛のラストへと向かう。

この物語は、やはり何よりも大上のキャラクターの魅力。そしてそれに影響され、そしてそれを受け継ごうと覚悟する日岡。その大上の魅力があってこそ、ラストが光る。

面白いです。