読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ソルティライムシャーベット

小説とかライトノベルとか漫画とか邦楽とかの感想とか

さよなら、サイキック パンツあきらめるよ(アニメじゃない風味)

☆☆☆ 角川スニーカー

全体的に自分の好きなもん楽しめるもんで包まれてる物語なのに、どうもこうも物語にのめり込めず消化不良な感じで読み終えて複雑な気分。ガキ使はタイキック。

場面が切り替わる度に置いてかれる。アレ?今違う場面なん?アレいつの間に?みたいな事が多々あって展開に置いてかれる。

なんというかゴチャついてると言うとしっくりこないが、どうも物語の進め方が上手く自分の読んでるテンションのレールに乗れなかった。ノリキレナイディスコ。ワンナイトカーニバル。

主人公ログやヒロインの一人、グンノが能力に対してどう受け止めているのかがよく分からない時がある。グンノの過去の話で自身の能力で暗い過去があるのだけれども、それを引き起こした能力に対して(まぁ無くなって欲しいということだと思うけれど)どう受け止めどう向き合っているのかがイマイチ掴めない。グンノは他者に能力を使う事は、過去の経緯もあり躊躇う事や、対し主人公ログは他者のために能力を使うっていうスタンスは物語の展開で語られているが、ソレが説得力に欠けるというかイマイチしっくりとハマらない。

また、主人公の彼女である魔女の末裔のロンド、そしてそのドッペルゲンガー(正体は明らかになる)やグンノ。ヒロイン達がログへの想いは読んでて伝わるが、何処と無く淡々としてるというか、なんというか無機物みたいな感じがして、もっと揺れ動いたものを読みたかったというか。

小気味の良い会話劇やシリアスな雰囲気が上手くマッチングしてない感覚もある。

全体的に大好きと思えるポテンシャルがあるのだけれども、どうもノリキレナイが正直な感想。

パンツは諦めきれなかった。パンツのために動いたのではないが。。。