読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ソルティライムシャーベット

小説とかライトノベルとか漫画とか邦楽とかの感想とか

灰と幻想のグリムガル 9 集中できない辛い毎日に集中できる面白さ

今日、グリムガルの発売かと思うとびっくりするくらい色んな事に集中できなかった。グリムガル読み始めたらびっくりするくらい集中してた。音が聞こえなかったは、全く嘘だけれどそんなん気にしてられないさせてくれない。もっとちゃんとした人間になってから死のうと思った。とりあえず明日を生きよう。今は幸せだ。どうもありがとうございます。

という訳でグリムガル9巻。とんでもなく面白かったです。今回は、ハルヒロの視点が少なめで仲間達の視点で語られるのがメインだったのだけれど、ハルヒロが中間管理職ばりに悩み苦しみ踠いて、それでも必死にリーダーとして懸命に足掻いてるのを仲間はちゃんと見てた、ちゃんと知ってた、ちゃんと想ってたというのが存分に伝わり、あぁ本当にこの物語はなんて素晴らしいし面白いし心こみ上げるし、本当になんてなんてなんて好きなんだ。好きなんだ。灰と幻想のグリムガル
ってのを改めて分かってベリーサンクス。サークルKな巻でした。

まず本当に今まで余す事なくその不器用さを見せつけてくれたランタ。不器用にハルヒロを信頼している。不器用に強く生きていこうとしている。寄り添わない強さを主張しているが、そんなカッコよくない人間じゃない彼の最後の行動はとてもかっこいい。本当にどんどん魅力が増す。

メリィは、今回の展開でハルヒロに対して想う気持ちの糸がこんがらがっているのが一つ一つ解けちゃいるけれど、それを自覚できないのが可愛らしい。嫉妬をする姿。ハルヒロを求める気持ち。信頼する心。本当に良かったよ。繰り返すけれど本当に良かったよ。まだ繰り返せるよ。本当に良かったよ。メリィ視点でハルヒロに対してやきもきしている時、あぁハルヒロはきっと今こうやって自分を卑下しつつやきもきしてんだろうなぁと想うとままならない。本当にどうもありがとうございます。御礼は尽きることの無しなのでもう止めときます。

クザク、ユメ、シホルもそれぞれ色んなカタチで進んだり過去が見えたりしてきて、とても楽しかった。一歩踏み出すシホル。とても最高。

物語としては、先に進むというよりも少し立ち止まりのような展開だったのだけれど、この立ち止まりで登場人物の気持ちが一歩進めた。そんなような内容でした。とても面白い。カムヒアバスストップ。

まだ。まだハルヒロ達が思ってるように。先が見えない。果てしない旅路だけれど、わたしゃ追い続けるよ。こんなん追い続けるよ。そのためには、ちゃんとした人間になろう。ちゃんとしなくたって別にこの物語はめちゃ楽しめるし、いいかなぁと気持ちも。。。

とりあえず興奮してる事は確かです。