読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ソルティライムシャーベット

小説とかライトノベルとか漫画とか邦楽とかの感想とか

新約とある魔術の禁書目録 16 サバイバルモンスターパニックエスケープ

前半〜お嬢様学校共同戦線まで楽しく。後半の上里勢力vs木原唯一からのラスト迄はイマイチでした。ラストの上条さんのまくしたてて次巻に続くのくだりはぶっちゃけ嘘くささというかサブイというかかなりシラけました。はーあ。


前巻からの記憶が薄らいでる事もあり急に何でこんな学園都市でサバイバルしてんのよ、つかこの未知の生物何よな展開。結構、ギリギリなさばサバイバル。

そこから一転して御坂たちとの共同戦線で超巨大モンスターとのパニック。バトル。ショクホーさんとかのラブコメり有り。御坂さんの無双かつ不穏さかつ。

ここまでの展開は既存の禁書で類似してるのあったかなぁ?今回は当たりの巻とけっこうわくわくってたんですけれど。

後半がイマイチ。上里さんと合流してから。前巻の展開からもかなり強敵と思われてた木原唯一がけっこう雑魚かったり。上里さんのラストらへんのくだりは、どうもキャラの成長というか愛着というかなんといったらなんかふーんあっそときてラストのエスケープで放つ上条さんの台詞はかなりシラけ気味。どーも上里さん出てからそこそこ巻を重ねているんだけれど、読んでるこっちからしちゃ、あっそーなんすか的な気分になってしまいどーも心に引っかかりが無かった。