ソルティライムシャーベット

小説とかライトノベルとか漫画とか邦楽とかの感想とか

紙透トオルの汚れなき世界 読みました

紙透トオルの汚れなき世界 (講談社ラノベ文庫)

紙透トオルの汚れなき世界 (講談社ラノベ文庫)

何が心を捉えたのか引っかかったのかそれが透き通るんだけれど、間違いなく自分を通過した。面白かったです。

主人公はマジモンでヤバいのだけれど、こう常識人的なポジションのヤツに内包されてるマジモンのヤバさをライトノベルで目にする度にやべーとシミジミする。他作品の話なんだけれどソードアートオンラインで互いの心臓の鼓動がするネックレスだかなんだかをプレゼントした時、あれもマジモンだった。

透き通るものを見破れないから、この物語の真面目?な感想は次にします。たぶん。