ソルティライムシャーベット

小説とかライトノベルとか漫画とか邦楽とかの感想とか

森見登美彦 恋文の技術 読みました

恋文の技術 (ポプラ文庫)

恋文の技術 (ポプラ文庫)

素敵って思わせようとしてて、素敵って思わさせられたからベイビー恋にノックアウト。

複数の登場人物へ主人公が送る手紙というかたちで物語が進められる。その手紙も送る人、時期によって主人公の心情や人柄が伝わるのはもちろん、送る相手側にも手紙でどういう物語を綴っているのか伝わり。なんちゅーか奥行き?みたいなんを感じる。素敵。

こっからはもう何を言っても素敵って言いそうだからもう終わらせるけれど、主人公が過去文通してた相手や手紙ごしで伝わる登場人物の関係の移ろいとかそこら辺の手紙に書かれてない物語を想うとさらに素敵じゃんね。