ソルティライムシャーベット

小説とかライトノベルとか漫画とか邦楽とかの感想とか

バリーライガ ラストウィンターマーダー グッバイシリアルキラー

ラスト・ウィンター・マーダー (創元推理文庫)

ラスト・ウィンター・マーダー (創元推理文庫)



大変素晴らしい傑作でした。
ミステリな部分は弱めというか主人公であるジャズにとって大きな人生の山場でもあるんで、まぁ正直バレバレというか、そうこなくちゃ面白くねーよっていう流れだったけど。

けどもそんなミステリ部分なんてこの最終章にとっちゃぶっちゃけどうだって良い。というよりかシリアルキラーの子供である主人公ジャズの葛藤、成長、青春、そして物語の決着。そーゆーもんを存分に楽しめた。人殺しの深くそして業深い血をジャズがどう受け止めどう歩んでいくか、ハラハラとドキドキを乗せて最後までとても楽しかった。本当に面白かった。

シリアルキラーの息子という特別。10代の少年という普遍。そこんとこが良い感じで絡み合った傑作ッス。