ソルティライムシャーベット

小説とかライトノベルとか漫画とか邦楽とかの感想とか

殊能将之 ハサミ男 読みました

ハサミ男 (講談社文庫)

ハサミ男 (講談社文庫)

丁寧な過ぎるというのかちゃんと読者が読んでて推測や想像できる作りになってて、ぶっちゃけトリックの内容と真犯人が誰であるのか容易すぎる。

その後、丁寧に経緯を説明してたんで逆にこっからもう一波乱あるのか?と期待してたが特にそんなどんでん返しもなく収束していった。特にラストの説明は、逆にいやこれで終わったら肩透かしをくらうと思ってたら特になんともなく。

一人称と三人称。一人称がわたし。サイコパスとかなんのといっても怪しすぎる。そしてまぁ真犯人がどう考えても胡散臭すぎる。

とまぁうわぁどんでん返しやられたぁという快感はなかったのだけれどもそれでも真犯人が登場したりとか真相が明らかになる場面。あの部屋のくだりからは物語自体をぐいぐい読ませられて楽しめた。まぁハサミ男のキャラクターや被害者の女の子のミステリアスな雰囲気も物語全体を気になる感じにさせて、そこで物語を楽しく読めた。

ミステリーってトリック部分を楽しむだけじゃなく、そういった雰囲気作りな部分も楽しむところだなぁと感じた。