読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ソルティライムシャーベット

小説とかライトノベルとか漫画とか邦楽とかの感想とか

弱キャラ友崎くん ホップステップで成長してくには、まずレベル上げ

弱キャラ友崎くん Lv.1 (ガガガ文庫)

弱キャラ友崎くん Lv.1 (ガガガ文庫)

面白いところもありゃつまらんとこもある。総じて丸っと面白いと感じる。感じた作品。

ざっくりとしたあらすじを言うとゲーマーでコミュ障ぎみな友崎くんが、隠れゲーマーで努力でリア充になった女の子の指導でリア充へと向かってくホップ(してない)ステップ(にわかに疑わしい)ジャンプ(してない)な成長ストーリー。

序盤から80ページくらいまでその女の子との出会い。そっからまぁ女の子の指導でレベルアップしてくみたいな流れ。会話劇がリアル寄りの学生ぽさ(を作者が意識していると感じる)の応酬で進みサクサクテンポ良く楽しく読めるんだけど。

なっがい。ダレる。飽きる。展開が動きだすのにステップアップしない修行編の描写がともかく長い。ダレる。飽きる。テンポよく楽しい会話劇と言っても飽きるしだれる。繰り返すけど本当に長いダレる飽きる。

そっからラスト迄の展開は、ラブコメ的にも中々楽しいんだけど、スクールカースト下位が上位にあっつい台詞でひとつかましてなんかうやむやな良い感じな感じになるテンプレというにはありきたりと言うにはサンプルが少ないが少なくとも自分は既視感を感じる終わり方で終わる。

なんか上の事をぐだぐだ書いてたら文句ばっかりと思われてもしゃーないけど、でもその逆。この物語読み終わったら面白いのよ。テンポよく続く会話劇。友崎くんを取り巻く女の子やら中村くんやらとの芽生えるのか友情?生まれるのか愛情?本音を素直にぶつける友崎くんが今後、周りとの関係をどう変えてく変わってくのか。とても続きを読みたくなる物語。ここで終わらせるにゃ勿体ない。友崎神ゲー人生ゲームヒストリーをもっと読ませて欲しいと思っちゃう。そんな物語。

後、努力のリア充こと日南さんはマネキン買いを推してたが、それは理屈だって説明したところで絶対やめとけ。やめとけ。とダチョウ倶楽部ばりの勢いで否定をしたいことはここに残しときます。