読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ソルティライムシャーベット

小説とかライトノベルとか漫画とか邦楽とかの感想とか

昔のライトノベル調査レポート2 リバイバル作品編

何点か読んだので。ぶっちゃけリバイバルするって事は、そもそもの作品がまぁ売れたのか名作なのかそれともどちらなのかだと思うし。とりあえず自分が読んだのまとめるけど、ぶっちゃけどれも面白いと感じているが、続きを読めてなくいつか読むのを忘れないため。そのために書く。


Dクラッカーズ

確か自分がラノベとかをガッツリ読み始める事になる前にリバイバルが刊行されて、名作!三巻から面白い!ってのをネットで(恐らく2ちゃんまとめ)で見て購入した。そしたら確かに三巻からグッと面白くなった記憶。というのもリバイバル作を読んだのも数年前でもう記憶が朧げ。

いつか読みたいなぁと思ってたら去年kindleで全巻セットがバカ安で売ってたから速攻でポチった。

うわぁもうドラッグ食ってスタンドみたいなのを召喚して、ライバルポジションのキャラがサメみてーなスタンドだった記憶しかない。

恐らく5巻で停滞。1巻読み直さないと。

ブラッドリンク

ロリコン。シリアス。年の差。
どことなくダレンシャンを思い出す。いや違う気持ちもあるが。

展開が結構緩やかで一巻じゃ序章の序章だけれど今んとこ一巻のこれからどうなんよ感が一番面白い。

三巻で停滞中

作者が確かミステリー作品で評判良かったから過去作をリバイバルしたのか?タイミング的に。

魔法が学問として存在する世界。そんな世界でけっこうトンデモな内容の推理が面白い。

のだけれどもどうやらリバイバルで主人公が女から男に設定変わって、恐らくそれに通じてラストのオチで一つのどんでん返しを用意しているのだけれど、それがなんちゅーか普通のミステリーぽい事をやって浮いてると感じる。

電撃版を未読だから完璧に妄想の域なんだけれども恐らく追加で入れたとこなんじゃないかと。

この作品の面白いポイントは電撃版からあったであろうトンデモな推理の部分と個人的に思う。

一巻で停滞中

ナイトウォッチシリーズ

ぼくらは虚空に夜を視る (星海社文庫)

ぼくらは虚空に夜を視る (星海社文庫)

いつか読もうとずっと思ってた作品。
やっと一巻読めた。

昔のバージョンのカバー絵も見た事あるけど、ペルソナ1.2からペルソナ3の時みたいなスタイリッシュなイラストになってる。
(ペルソナやった事ない。けど新旧のカバー絵見て、ペルソナな感じがしたから。完璧な印象のみ)

個人的にはセカイ系という事なのかどうもゼーガペインと被る印象が強い。まぁだからぶっちゃけすげえ好きなんだけど。
あと、ロボットつながり戦闘のプロと言われる主人公がどうもグレートマジンガーが頭をチラつく。
(間違いなくスパロボの影響)

一巻で停滞。近いうちに続き読む

星くず英雄伝

ぶっちゃけ一巻は、とてつもなく最高だった。

あのルパン三世アウトロースター?ブライガー?みたいな数名のグループ単位で徒党を組む感じ本当に好き。かつ主人公がカッコ良いのもSF的なのもドンピシャ。
(ブライガースパロボの知識のみ)

3巻で停滞中。

妖精作戦

妖精作戦 (創元SF文庫)

妖精作戦 (創元SF文庫)

元祖ライトノベルの一角らしい。しかも二回リバイバルして、今回はかなり元のやつに寄せているとの事らしい。はちゃめちゃな感じが凄く通快。ミサイルのところがとても印象的。

2巻で停滞中


以上が恐らく自分が読んだリバイバル作品の全部。全部面白かった記憶あるし近いうちに読みたいところ。他にもリバイバルされたのなんてウンジャカあるだろうからちょっと時間あったら調べて手をつけたいところ。トリックスターズに関しては、少しどの点を変えたのか気になるので電撃版の1巻を読みたい。